中学生から社会人まで、考える力を鍛えるトレーニング課題 「Think」|ノートプロジェクト


HOME > トレーニング > 8そのものの名前を使わずに伝える

『そのものの名前を使わないで、身近なものを説明しよう』

写真 2013-08-03 22 34 27.jpg

question.pngquestion.png
answer.pnganswer.png
※「問題用紙、回答用紙」をご利用の方は、右上の「いいね!」をお願いします!


「そのメガネ、デザインがいいね」「冷蔵庫の中に入れておいて」「手帳を確認してもいいですか」、、、

私たちの普段の会話の中には、「メガネ」や「冷蔵庫」、「手帳」といった、たくさんの固有の「名前」が使われています。このような「名前」があることで、私たちは他の人々と容易に情報を共有したり、快適なコミュニケーションをおこなうことができます。

でも、もしもそんな固有の「名前」がなかったら、あなたは身の回りのものをどのような言葉で表現しますか?

難易度
★★★(普通)
ジャンル
2.視点を増やす 
課題の目的
ものの見方を変える
取り組み目標
レベル1 : 身の回りのもの3つについて説明をする
レベル2 : 身の回りのもの6つについて説明をする
レベル3 : 身の回りのもの6つについて、新しくわかりやすい名前をつける

あなたの考えた「そのものの名前を使わない説明」を、是非教えてください。

"考える力を鍛えるトレーニング課題"に関するお問い合わせ

noteproject_contact_bar.jpgnoteproject_contact_bar.jpg