noteproject (ノートプロジェクト)|ストーリー・ブランディング・コンサルティング・デザイン 【広島県福山市】

noteproject_logo2.png

HOME > 解決手法

navi_01_2.jpgnavi_01_2.jpgnavi_02_2.jpgnavi_02_2.jpgnavi_03_2.jpgnavi_03_2.jpgnavi_04_2.jpgnavi_04_2.jpgnavi_05_2.jpgnavi_05_2.jpgnavi_06.jpgnavi_06.jpg

解決手法

会社・組織・個人が想い描く"ありたい姿"を、
実現するための"ストーリー"を構築します。

同じような商品・サービスを同程度の価格で提供しているはずなのに、なぜかある会社のものは良く売れて、
他の会社のものはあまり売れないということが、近年様々な業界でよく見られます。

また、同様にそれらの商品・サービスを提供する側も、ある会社のスタッフは高いモチベーションを持って仕事に取り組んでいるのに対し、
他の会社のスタッフは仕事にやりがいもなくただ指示されたことをこなしている、、、ということもよくあります。

この違いはいったいどこから来るのでしょうか?

noteprojectは、この違いを生み出している主な要因の一つに「物語(ストーリー)の有無」があるのではないかと考えています。
この考え方は、会社や組織、あるいは個人の望む未来を実現するにあたって、戦略的で一貫性のある「物語(ストーリー)」があるかどうかが
最も重要な要素であるという仮説から課題を捉え、解決を試みるものです。

noteprojectは、"物語(ストーリー)"を切り口にした課題解決方法 "ストーリープランニング" によって、
企業・組織・個人の望む未来づくりをお手伝いいたします。

一般的な問題解決方法との違い

[ ポイント1.視点の違い ]

一般的な問題解決方法が「論理的かつ合理的な、間違いのない正答」を導き出すことに目的としているのに対し、ストーリープランニングは「人々が前向きに考え、行動できる環境」を創り出すことを目的としています。

storyplanning_view01.jpg
図1 : それぞれの考え方におけるキーワード

[ ポイント2.プロセスの違い ]

一般的な問題解決方法が「現在直面している課題を抽出し、その解決を試みる」プロセスでアクションに結び付けるのに対し、ストーリープランニングでは「あるべき姿の実現に向けて、その道筋を築く」プロセスで、最終的な行動へとつなげます。

storyplanning_process01.jpg
図2 : それぞれの考え方におけるプロセス

[ ポイント3.アウトプットの違い ]

一般的な問題解決方法が「問題をなくすための具体策が整理されたレポート」を成果物とするのに対し、ストーリープランニングでは「人々が自ら考えて動く、未来へのストーリー」を成果物として作成します。

storyplanning_output01.jpg
図3 : それぞれの考え方における成果物のイメージ